成長期から妊娠・授乳期まで支えるプロバイオティクスフード「ラビットプライムプラス グロース」はこだわりが詰まったスーパーフード!?

この記事は約4分で読めます。

こんにちは!

あごまるです。

おはぎを迎えた時に一緒に買った商品の数々。

店員さんに言われるがまま買ったものがほとんどですが、使い始めてから数週間。だいぶ商品にも慣れてきたので、レビューしてみたいと思います。

今回はペットショップでも使っているペレット、「ラビット・プライムプラス グロース」の使った感想などをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

ラビット・プライムプラスとは?

ラビット・プライムプラスシリーズは、(株)三晃商会が「ワイルドプロ」というブランドマークで取り扱いしている、うさぎ専用のペレットフードシリーズで、うさぎの食習慣を考えつつ、腸内環境を整えることを中心に考えた商品です。

ラビット・プライムプラスシリーズには、

「グロース」:成長期・妊娠・授乳期
「メンテナンス」:6ヶ月〜全年齢
「ハイファイバー」:肥満・毛玉対策
「シニア・サポート」:4歳〜高齢期

と、それぞれが特徴を持った商品がラインナップされています。

「プライムプラス」は、メーカーの直販サイトなどはなく、専門店のみの取扱いらしいですよ!どこでも買えるわけではない、というところに商品のこだわりを感じますね。

我が家のおはぎが食べまくってるのは、成長期用の「グロース」です。

スポンサーリンク

「グロース」の特徴

「グロース」は上でも書いたように、〜8ヶ月ほどまでの成長期のうさぎや、妊娠中のうさぎ、授乳期のうさぎが必要としている栄養を多く含んだペレットです。

ラビットプライムグロース

商品の外観はこんな感じ。青いパッケージが「グロース」です。わかりやすい。
ラビットプライムプラス グロース 背面
写真ではわかりにくいですが、青い枠で囲ってある部分に「グロース」の特徴が書いてありました。抜き出すと、

離乳時〜8ヶ月位迄の成長期のうさぎに向けて、アミノ酸バランスに優れ、消化しやすい栄養が含まれるスピルリナを配合し、成長期の体作りに必要な植物性タンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。成長期や妊娠・授乳期の栄養補給、換毛期のうさぎには豊かな体毛の育成の為の栄養補給に幅広く役立ちます。うさぎが好む野草(オオバコ・タンポポ)を加え、嗜好性と栄養バランスに配慮して、健康的な体のうさぎを育てます。

とあります。
「グロース」は、ラビットプライムプラスシリーズの中でも、栄養補給を重点的に行うことができるようですね!
ちなみにおはぎと出会ったペットショップでは、この「グロース」をご飯として使っているようで、しばらくは我が家でも同じように与えてみようと思っています。
ちなみに…

なぜか楽天市場に見切り品?のような形で取り扱いがありました。

いつ品切れになるかわかりませんが。

スポンサーリンク

実際に使ってみて

おはぎの場合。

商品裏側に書いてある与え方のポイントとしては、

朝/夕の1日2回に分けて適正量を与えること
適正量は体重に対して3〜5%位
ということですが、これは生後6ヶ月以上の成体の場合なので、まだ生後2ヶ月ほどのおはぎには当てはまらない…。どうしたものか、と最初に本屋さんで買った『かわいいウサギ飼い方・育て方』をみてみると…
この時期は大人の倍近いカロリーが必要。ご飯はたっぷり食べさせてOKです。
出典:かわいいウサギ飼い方・育て方
との記述がありました。6ヶ月位迄の子ウサギは、栄養たっぷりのご飯をいっぱいあげて体作りを優先してあげよう。ということですね。
無制限に与えるのも少し心配なので、おはぎ(約600g)は朝10g夕15gを目安に与えています。
ラビットプライムプラス グロース 中身
中身はこんな感じ。他のペレットとほとんど変わらないかなあ〜。

うさぎ エサやり

おはぎは毎日がっついて食いまくってます。お気に入りのご様子。食べ比べをしているわけではないので違いなどはわかりませんが、順調に成長しているところを見ると、しっかり栄養補給ができているようですね!

我が家ではペレットに加えて乳酸菌タブレットも一緒にあげています。

このレビュー記事も今度更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回はラビット・プライムプラス「グロース」のレビューをしてみました。今後おはぎが大きくなってきたら違う商品も試してみたいと思っています!

それでは!